日常の気になる情報まとめました。

「印象に残るスピーチの仕方」


社会人になると、仕事でプレゼンしたり、仕事以外にも結婚式のスピーチや飲み会でのちょっとした挨拶など何かとスピーチをする機会は増えますよね。しかし、「人前での挨拶は苦手」という方や「スピーチはしたことないからどんな風にしたらいいのか分からない。」という方が多いのではないでしょうか?

そこで、今回は、生徒会長や大学での「教育実習の挨拶」で内容部門1位になった経験もある私の経験を元に「印象に残るスピーチの仕方」をご紹介します。  

~スピーチの考え方~  

Sponsored Links

①一番伝えたいことを考える

②そのことに関連したエピソードを考える

③締めの言葉を考える   ※スピーチの順番も同様

 

①はスピーチにインパクトを与えるための最も重要な項目です。この項目を考える時に大切なことは「自分の思っている事をそのまま伝える事」です。素直な思いは相手に伝わりやすく、感動してもらいやすいです。ですので、「素直な気持ち」を入れてみましょう。これに加えて、スピーチの際にはそこの部分を少し大きな声で言うことでさらに伝わりやすくなりますよ!

②は、①に説得力を与えるための項目です。この項目には苦労した点や取り組んだことを具体的に入れましょう。そうすることで、相手も共感しやすくなります。

③はスピーチにまとまりをもたらすための項目です。この項目には、シンプルで分かりやすい文章を入れるようにしましょう。※長くしすぎるとダラダラとしたまとまりのない文章になってしまうので注意しましょう。

この3つの事を意識すると印象に残るスピーチになりますよ。

  ~まとめ~ 

スピーチ原稿の例文  

ご紹介した3つのポイントをまとめたスピーチ原稿の例がこちらです。   例:化粧品会社での新製品のプレゼン

①今回、私が考えたのは、「肌荒れに悩む人やアトピー体質の人でも安心して使える天然素材100%のコスメ」です。このコスメを提案しようと思ったきっかけは、私自身肌が弱く、限られた化粧品しか使えないため、いろいろなメイクをしてみたいと思ってもできていません。 だからこそ、このコスメが開発されることにより、お肌に何らかのトラブルを抱えている方に自分らしいメイクを楽しんでもらいたいという思いからこのコスメの提案を致しました。

②天然素材にこだわったため、コスト方が高くなってしまう。という問題がありましたが、取引先との交渉を重ねた結果低コストを実現することに成功しました。色のバリエーションも豊富なためすべての年齢層に対応できる製品となっています。

③このコスメが開発されれば、我が社の新しい目玉商品となり我がブランドを代表する商品となるでしょう。ご清聴誠にありがとうございました。

 

いかがでしたでしょうか?印象に残るスピーチの仕方をご紹介しました。プレゼンや挨拶は自分をアピールできる最大のチャンスですので印象的なスピーチを実践してみて下さいね!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です