日常の気になる情報まとめました。

思春期ダイエット方法は青汁で決まり!健康的に痩せよう


中学生や高校生になると、誰でも自分の見た目が気になり始めますよね。「もっとスタイルが良くなりたいからダイエットしよう。」と思うでしょう。思春期のダイエットは、健康的に痩せることが大切です。そのための心強い見方が青汁です。

 

思春期のダイエットのポイント

青汁とダイエットの関係を解説していく前に思春期のダイエットのポイントをご紹介します。

  • 食事制限はしない

ダイエットといえば食事制限を思い浮かべると思いますが、食事制限をしてしまうと、成長期に必要な栄養が不十分になってしまいます。栄養をしっかり取らないと、病弱になってしまったり記憶力が低下してしまいますので、食事制限はせずに3色食べましょう。

  • 偏った食事をしない

炭水化物抜きダイエットや脂肪分を摂取しない方法などがダイエットの定番として紹介されていることが多いですが、このような偏った食事をしていると、エネルギーを蓄える事ができずに体力が落ちてしまいます。そうならないためにも、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

次の章では青汁ダイエットについてご紹介していきます。

 

~青汁で痩せるの?②

「青汁ってお年寄りが飲むイメージがあるけど、本当に痩せるの?」と思いますよね。結論から言うと、青汁を飲むだけでは痩せることはありません。というのもあくまでも、青汁は補助的な役割をしているだけだからです。

痩せるためには、脂肪を燃やさせなければいけません。脂肪の中でも中性脂肪を燃焼させる事で痩せる事ができます。脂肪燃焼と聞くと、テレビのCMで脂肪を燃焼させる

食べ物や飲み物の紹介を思い浮かべると思いますが、実は、この食品や飲み物を取れば脂肪が燃える。というような事はありません。ですが、そのような働きをしてくれる栄養素はあります。青汁の成分を詳しく知ることで、より効率的に痩せる事ができます。

 

2-1青汁の成分と効果

2-2青汁の成分

青汁には、ケールや大麦若葉、桑野葉といった食物繊維を豊富に含んだ野菜が数種類使われています。食物繊維には、便通を良くして便秘解消効果があります。※しかし、便秘が解消されても一時的に痩せるだけなので、「痩せた。」と誤解しないようにしましょう。

このように青汁には、たくさんの栄養素が含まれていますが、これらの栄養素はあくまでも脂肪燃焼を助ける働きをします。

2-2青汁の効果

  • デトックス効果

先ほどもご紹介したように、青汁には、ケールや大麦若葉が多く含まれています。これらには、腸内環境を整えてくれる食物繊維がたくさん入っているので便通が良くなり、便秘が解消され痩せやすくなります。さらに体質改善もされるので、痩せやすくなります。

  • むくみの解消

青汁には、利尿作用があるカリウムがたくさん含まれているので、むくみ解消が期待できます。むくみが解消されるので美脚になれます。

このように青汁を日頃の食事に取り入れることで、健康的に痩せることができます。

  • 代謝を上げる

代謝を上げる効果があるので、血行が良くなり老廃物が排出されやすくなります

 

青汁と運動を組み合わせてする事でより、脂肪燃焼効果が高まります。有酸素運動をした後に青汁を飲むと痩せやすくなります。有酸素運動とは、20分以上の長めの運動のことです。時間をかけてエネルギーを使うことで、中性脂肪が燃えるので、お腹周りや二の腕の脂肪を

落ちやすくなります。有酸素運動をする時のポイントは、20分以上続ける事が大切です。おすすめの有酸素運動は、マラソンやウォーキング、息を吸ったり吐いたりしながらのストレッチなどがおすすめです。特にストレッチは、テレビを見ながらできるのでおすすめです。いつでもいいので20分間続けましょう。このようなストレッチは、腰をひねったり、背伸びしながら深呼吸する事で、リラックスしながら痩せる事ができます。

ご紹介してきたように、青汁を飲めば、何もしなくても自然に痩せていくというわけでないので運動と組み合わせる事が大切です。次の章では、青汁ダイエットのコツを解説していきます。

 

青汁は、飲むタイミングや飲み方が大切になってきますので、1日の青汁の正しい飲み方をご紹介していきます。

 

青汁の正しい飲み方(一日の間)②

先ほども述べたように、単に青汁を飲めばいいというわけではなく、飲み方が大切になってきますのでご紹介します。

2-1いつ? 

  • 食前

ご飯を食べる前に飲むことで、血糖値が上がるのを抑えてくれるので食べ過ぎを防いでくれます。

  • 間食の代わりに飲む

小腹が空いた時、おやつ代わりに飲めばカロリーの消費を抑えてくれるので痩せやすい体質になれます。

  • 寝る前に飲む

寝る前に飲むことで、腸の働きを活発にしてくれます。

2-2どのくらい?

適量は、1日、1杯がちょうどいいと言われています。(多くても、2、3杯にしておきましょう。

※「早く痩せたい。」と思って飲み過ぎてしまうと、ミネラル不足下痢や便秘になってしまうので注意しましょう。

2-3どのように?

青汁は、独特の青臭さや苦みがあるので、そのまま飲むのは抵抗がありますよね。そんな時はフルーツや黒蜜、きな粉(リンゴ)割にして甘さをプラスすることでスイーツ感覚になり、美味しくなります。さらに、常温で飲むのがポイントです。※冷やして飲むと体を冷やしてしまいます。

このように、適量を飲み続ける事が大切です。

  • タイプに合わせて青汁を選ぼう!

一口に青汁といっても、たくさん種類があるので自分の生活習慣に合ったものを選ぶ必要があります。

3-1運動をしている子

部活をしている場合は、カルシウムやビタミンBが多く含まれているものを選ぶことで、より多くの脂肪を燃焼させることができます。

3-2運動をしていない子

運動していない子の場合は、代謝を上げる事で痩せやすくなります。酵素・クロロフィム・ビタミン類は代謝をあげてくれるので、これらが多く含まれる青汁を選びましょう。

まとめ④

ご紹介してきたように青汁はとても栄養があるので思春期のダイエットにぴったりです。青汁ダイエットで健康的な美しい体型を目指しましょう。こちらのサイトも健康的に痩せれるサプリが紹介されているので、参考にしてみて下さい。

 

 

―この記事の参考サイトー

【えっ、違うの?【運動前と運動後】青汁効果の真相!】

https://aojiruchan.com/archives/235

【青汁部おすすめの青汁ランキング】

https://aojiru-bu.net/archives/3712

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です