日常の気になる情報まとめました。

大学へ進学する必要性はあるのでしょうか?【人生の選択】


みなさんは、大学と聞くとどのような事を想像しますか?おそらく多くの方が「勉強するところ」という漠然としたイメージだと思います。また、「大学に行っても就職できるとは限らないし、何のために大学に行くのか分からない。」という方も多いのではないでしょうか?この記事を読んで、大学に行く意味を理解してもらって、今後の選択肢のひとつとして考えて頂ければと思います。  

~私が高校生だった頃の大学のイメージ~ 

-イメージから行く目的に変わるまで-

Sponsored Links

私も、高校生の時は、「大学に行く」ということは決めていましたが、「大学でただ、勉強する。」というイメージしかありませんでした。なので「勉強が好きでもっと勉強したいから大学へ行く。」というのが最初の大学に行く目的でした。

高校2年生になり、初めてオープンキャンパスに行った時に、星座の神話についての授業だったのですが、身近な星座の事を詳しく学ぶことができました。大学の授業を見学した事で、「大学では身近な事を深く学ぶことができるんだ。」という新たなイメージが加わりました。

それ以降オープンキャンパスに何度か行き、その中で実際に通っている方の話を聞けたことで、大学に行く目的を決める事が出来ました。私の場合は、日本語教員の資格を取る事ができるという話を伺い、「日本語教員の資格を取って日本語教師になりたい。」と思った事で、イメージから目的に変わりました。 そもそも大学とは?

~小学校~高校までの学校との違い~

高校までは、時間割や校則があって、ルールの中で生活しなければなりません。みなさんも制服のズボンや髪型などで先生に怒られた経験があると思います。授業も苦手な教科でも受けなければいけないのが小学校から高校までの学校です。

一方大学ではすべて自由です。ある程度決められた範囲から好きな授業だけを受けることができて化粧やネイルどんな格好や髪型をしていても怒られることはありません。しかし、自由には責任も伴います。きちんと出席して試験に合格しなければ卒業はできませんし、非常識な事をすると退学の可能性もあります。大学は自己管理がきちんとできる人が自由に学ぶ事ができる「大人のための学校」です。

~大学の選び方~

  • 好きなこと・学んでみたいことを考える
  • 行きたい大学・学部、学科を決める

例:

・芸術分野(イラストや写真)なら美術大学

・総合大学の芸術学部 教育の分野なら 教育大学

・教育学部 外国語の分野なら 外国語大学

・国際文化学部 物づくりの分野なら造形大学 金融・経済

・旅行の分野なら総合大学の経済学部

・商学部 音楽の分野なら音楽大学 実験や研究の分野なら理学部

・理系大学の大学院 ヒトの分野なら 人文大学・総合大学の臨床心理学部

※学部の授業以外にも、教員免許、学芸員(水族館や動物園の飼育員)司書等の資格も取ることができます。

※別途受講料が必要 このように、大学や学部・学科によって学べることが違うので、自分の興味のある分野または、将来の仕事につながる大学を選びましょう!

  ~楽しいキャンパスライフ♪~

大学では、楽しいイベントが盛りだくさんです!例えば、新入生のオリエンテーションでは大学に関するクイズ大会や立食パーティーが行われ、美味しい軽食を食べながら交流を深めることができます!

また、大学生活といえばサークル活動ですよね。私も中国語サークルと英語研究部に所属していました。中国語サークルでは、中国人の方をお招きして、本場の中国語を学んだり、餃子作りやバーベキュー、中華料理店での飲み会など、みんなで楽しく中国語や文化を学べました。 英語研究部では、学園祭の際にTOEICの解き方を解説したりピザパーティーをしたり、トランプやゲームをしたりとっても楽しかった思い出があります!

サークル以外にも大学内のカフェやパン屋さんで休み時間に友達とお茶をしたりして、とても楽しいキャンパスライフを送ることができました!

~大学へ行くということは~

よく「大学は遊ぶところ」だと言われていますよね。私は大学とは好きなことを勉強しながら、自分の趣味に時間を使える場所だと思います。大学生には本当にたくさんの自由な時間があります。ですので、夢がある人は勉強を頑張って、何か趣味がある人はその趣味を極めることができて無い人はやりたいことを見つけることができる場所だと私は思います。  

私は4年間大学へ通って、好きな英語を深く学ぶことができましたし、勉強以外にも、ともに同じ目標に向かっている仲間やサークルでも素敵な人たちと出会うことができました。大学生は自由に使える時間たくさんあるので、その時間を使って、ボランティア活動を通じて多くの人と関わることができました。大学時代に出会った人たちとは交流しています。社会人の悩みや人には言えない事を相談できる良き友人がたくさんできました。  

 

大学を選ぶときは、自分の好きな勉強ができる大学を選ぶことも、もちろん大切ですが、大学を卒業する時に、「ここの大学に通って充実した生活を送ることができた。」と思えるように実際に行って雰囲気などを見て選ぶことが大切です。 皆さんが「ここだ!」と思った行きたい大学に合格し、素敵なキャンパスライフを送れることを願っています。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です