日常の気になる情報まとめました。

生理痛はストレスを溜めないだけでも軽減できる。


女性の宿命である生理ですが、将来子供を産むために必要な期間であるとはいえ、生理痛に耐えるのはとても辛いですよね。そこで今回は、「生理痛の対処法」をご紹介します。

Sponsored Links

~生理痛が酷くなる原因~

対処するためには、原因を知っておく必要があります。そのためには、生理のメカニズムを学習するのが有効です。

 

―生理とはー

生理とは、子宮に卵子が卵管から排卵された時に子宮内の卵子は、精子がいなかった場合、死んでしまいます。死んだ卵子をそのままにしておく訳にはいかないので、子宮内膜が剥がれます。剥がれた子宮の膜が体外に排出されるときに生理となります。

~生理痛の対処法~

生理痛は、子宮を守ることが重要です。具体的な対処法としては以下の通りです。

  • お腹を冷やさない

お腹を冷やしてしまうと子宮が委縮してしまうので、痛みが酷くなるので、お腹を温めるように意識しましょう。足の裏に貼るカイロを貼っておくと、全身が温まるので効果的ですよ。お風呂でのリンパマッサージも効果的です。

  • ストレスを溜めこまない。

ストレスを溜めこんでしまうと、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうので、生理痛が酷くなってしまいます。ですので、ストレスを溜めこまないことが重要です。ストレス発散方法をいくつかご紹介します。

ーストレス発散方法ー

・音楽を聴く

好きな音楽を聴くと、落ち着くのでストレスを発散できますよ!

・外を散歩する

息抜きのために、仕事に行き詰ったら、外の空気を吸いに行きましょう。また、景色を眺める事で気持ちをリフレッシュできます。

・人と話す

黙って作業をしていると、だんだんストレスが溜まってしまいます。ですので、休憩時間などに何でもいいので人と話すようにしましょう。

お昼時であれば、「そのお弁当美味しそうですね。」や「午後からも頑張りましょう。」など少しでも良いので話をすると気持ちがすっきりして、発散できますよ。

この他にも自分なりの発散方法を見つけてストレスを溜めこまないことが重要です。

生理不順の改善

先ほどのストレスとも関係するのですが、生理不順になってしまうと、生理痛が酷くなり、普段は酷くない人でも腰が痛くなったり頭痛を肘起こす可能性があります。生理不順を改善するには、ストレスを発散すること、規則正しい生活を送ることが大切です。

※月経困難症という病気の可能性もあります。詳しくはこちらをご覧ください。

 

子宮内膜症ってなんだろう

 ~まとめ~

生理は気持ちも落ち込みますし、生理痛も大変ですが、今回ご紹介した方法で少しでも和らげて下さいね。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です