日常の気になる情報まとめました。

医療事務の試験に合格するには?


「医療事務の資格を取りたいけど、合格できる自信が無い。」「資格を取りたいけど、忙しくて勉強する暇がない。」そんな方は多いのではないでしょうか?そこで、今回は医療事務の試験に合格した経験がある私が「医療事務試験に合格する方法」をご紹介します。

Sponsored Links

~医療事務検定試験とは?~

医療事務検定試験とは、レセプトの作成や医療事務に関する知識が身についているかどうかを問う試験です。

―試験内容―

①レセプト作成(2問 ・外来・入院)

②正誤問題(20問)

―合格率―

合格率は70%~80%と高い合格率なので、真剣に勉強すれば誰でも合格することができます

 

~勉強方法~

この試験は、テキスト・カルテ問題集、点数表など全て持ちこみ可能です。ですので、暗記する必要はありません。ただし、どれだけ速く解答を導き出せるかが重要になります。そのためには、出題される項目のページに項目名を書いた付箋を貼っておくことをおすすめします。勉強方法は、通学コースと自宅で教材を使って自宅で勉強していく自宅学習コースの2種類があります。通学コースは週2回の全12回で講義が行われます。通学コースのメリットは講師の方に直接指導して頂けるので、分からないところがあればその場で教えてもらえるという点です。デメリットは教室に通わなければいけないので、忙しい人は難しいでしょう。自宅コースは、通学コースと比べると自分のペースで学習することができますが、質問ができないので、自分で調べて解決しなければいけません。~押さえておきたい試験の解き方~

医療事務の試験は、レセプト作成の配点が高いです。ですので、レセプトの解き方を中心に解説していきます。

・レセプトの解き方

レセプトの採点は、ひとマスの正答率の合計で採点されます。☆問題を解いていて分からないところがあった場合そこは空白にしておきましょう。空白部分以外のところが全て正解だった場合、合計点数も正答扱いなります。ですので、自分の得意分野を確実に解けるようにしておきましょう。

また、初診・再診の項目は「入院の項目」で出やすいので、よく調べておきましょう。特に幼児加算は忘れやすいので、「6歳未満」の患者さんの場合は注意しましょう。

・正誤問題

正誤問題は、点数表から出されることがほとんどなので、点数表にマーカーを引くなどして対策しておきましょう。

 

~まとめ~

医療事務試験に合格するためには、いかに速く答えを見つけることができるかが、合否の分かれ道になります。自分なりに工夫をして合格を勝ち取って下さいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です