日常の気になる情報まとめました。

良いレポートの書き方は「3 ブロックに。」


大学や専門学校で必ず一度は書かなければいけないのがレポートですよね。でも「筆記試験では単位取れるのにレポートでは単位を落としてしまう。」という方も多いのではないでしょうか?私も大学時代、レポートで単位が取れずに苦労していました。ですが、ライターの仕事を始めて「人に伝わる文章の書き方」を学びました。そこで今回は、ライターとして得た知識を基に「レポートの書き方」をご紹介します。

Sponsored Links

~基本編~

分かりやすい文章を構成の基本は「見出し→本文→まとめ(考察)」です。それぞれについて詳しく解説していきます。

  • 見出し

いきなり本文を書きだしてしまう人が多いと思いますが、見出しをつけて「何のことについて書かれた文章なのか。」ということを提示しましょう。

  • 本文

見出しで提示したものを分かりやすくしていくように内容を書いていきます。その際、「読み手の立場」を考える事が重要です。

  • まとめ

その文章で何を伝えたかったのかを簡潔に述べましょう。

以上の3点を意識するだけで分かりやすい文章になります。

~文字数の指定(上限)~

1000字以上や2000字以内と言った指定がある事がほとんどだと思います。このように文字数の指定がある場合は、指定文字数の「プラス・マイナス100字」で収めましょう。極端に短かったり、長かったり、短かったりすると、マイナス評価になってしまいます。

 

~講義内容をまとめる~

今までの講義内容を「1000字以上でまとめなさい。」という課題が出た場合の書き方を解説していきます。

―この課題の本質―

この課題の本質は「自分なりに講義内容を理解できているか。」を評価されています。ですので、「自分の言葉でまとめる+学んだ事」を書かなければいけません。※書き写したり単にまとめただけのものは、NGです。

 

例題:「○○の講義を受講して」

今回○○の講義を受講して、3つのことを学びました。

【講義を通じて学んだ事】

○と□□と△△です。(見出し)

○○は講義中の~という内容から学びました。・・・ (内容:800字程度)

【まとめ】

今回学んだ事を将来の~に活かしていきたいと思います。

このように学んだ事をどう活かすのかまで書くといいですよ!

 ~「~についてまとめなさい。」~

―この課題の本質―

テーマについてしっかりと調べて自分の言葉でまとめることができるかどうか。を判断されています。☆いくつかの文献を読んで比較して書きましょう。

―例題―

教育制度についてまとめなさい

私が今回このテーマを選んだ理由は、教育の制度を知ることで、今後の教育の在り方を考えることができると思ったからです。

【教育制度の誕生】

 

見出し(100文字程度】教育制度が誕生したのは・・・・。(続く)

 

【教育制度の構成と内容】

教育制度は主に2つで構成されています。

・内容

教育制度

全ての子どもに普通教育を受けさせて、日常生活で役に立つ知識や将来の選択肢を増やすために、必要な知識を5教科(国語・算数・社会・理科・英語)で身に付ける事を目的とした制度である。(続く)

・内容

社会制度

社会に出たときに必要となる人間関係の築き方や思いやりの心を育てる事を目的とした制度であり、具体的には、学校生活の中で様々な人たちとの関わりの中で生きる力を養うことが目的である。(続く)

(900字程度)

【―まとめーこれからの教育制度の在り方】

これからは、グローバル化もますます進むことが考えられる。生きる力を養うことも重要だが、コミュニケーション能力や思いやりの心を育てる事も重要であるだろう。そのためには、道徳教育を充実させるとともに学校生活の中での教師と生徒のコミュニケーションを積極的に取っていくべきであろう。

(100文字程度)

このように見やすいように小見出しと内容をセットにして、まとめとして自分の意見を述べると良いでしょう。

 ~まとめ~-良いレポートを書くには~

良いレポートを書くには、「調べたことを根拠に自分の考えや意見を述べる事」が重要です。今回ご紹介した事を意識して最良の評価を目指してくださいね!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です