日常の気になる情報まとめました。

面接で好印象を残す方法~入室するまでと面接開始30秒が勝負~


就職・転職 学校の入試 人生のあらゆる分岐点で行われる面接試験。筆記試験でいくら良い点数を取っていても面接試験を突破できなければ合格することはできません。そのため、「筆記試験は、上手くいくのに面接試験が上手くいかずに合格できない。」という方も多いのではないでしょうか?実は、面接試験は面接会場での行動や態度と入室後の30秒で、90%は判断されているんです。そこで、今回は「面接で好印象を残す方法」をご紹介します。

Sponsored Links

 

~面接試験を実施する理由~

どの試験でも行われている面接試験ですが、面接試験を実施する意味をご存知ですか?それは、「志望動機や自己PRが本人の意志かどうか確かめるため」と「その人の人柄を判断するため」です。これを見て「そんなことは、散々言われてきたから分かってる。なんで今更そんな事を言ってるんだ。」と多くの方が思われたでしょう。この2つは実は「審査されている場所」が全く違うのです。それぞれの違いについて次の章で詳しく説明します。

 

~面接試験の構成~―それぞれの審査基準―

面接は、先ほども説明した「志望動機や自己PRが本人の意志かどうか確かめるため」と「その人の人柄を判断するため」で総合的に審査されます。

 

【志望動機や自己PRが本人の意志かどうかを確かめる】

これらの事は面接試験室で、面接官に審査されます。

主な質問項目は次の通りです。

―質問例題集―

・志望動機を教えて下さい。

・自己PRをお願いします。

・なぜ、御社を志望したのですか?

・5年後(10年後)どうなっていると思いますか?(どのようになっていたいですか?)

・自分をどうぶつに例えると何ですか?

・尊敬する人は誰ですか?

・何か質問はありますか?

主にこのような質問がなされます。これらの質問をすることで「やる気」と「本人の意志」を確かめるのです。なお、・自分をどうぶつに例えると何ですか?・尊敬する人は誰ですか?といった質問は、「自己分析ができているかどうか」を見られているので自分の性格とどのように仕事に活かせるかということをアピールしましょう。

【面接室での好印象を残す方法】

面接官は、50代60代の方の場合が多いのでやる気に満ち溢れている若者を好みます。ですので、面接室での面接は、好印象を残すためには、笑顔で、明るく元気よくハキハキと答える事が大切です。そのためには「絶対にここに入りたい!」という気持ちを高めつつ、リラックスすることが大切です。それを意識することで自然に好印象を与えることができますよ!

 

【面接会場の場合】

面接会場では、「人柄」を審査されています。会場では受験生は面接室ほど、緊張しないので「素が出やすい状態」です。だからこそ、人柄を判断しやすいのです。

 

【面接会場で好印象を残す方法】

受験生が帰宅後、事務員や受付の人その他の多くの関係者から印象を聞いて判断する場合が多いです。ですので、面接会場が近づいてきた時点で、深呼吸をして、面接室同様、丁寧な言葉遣いで、笑顔で明るくハキハキ受け答えすることが大切です。また、基本ではありますが、「きちんと挨拶をする」「お礼を言う」といったことを相手の目を見てすることで、好印象につながります。休憩中も「大声で話さない。」「マナーを守る」などの基本をきっちり守れているかどうかを見られています。

~まとめ~

試験は、「面接中」だけではなく、「人柄」を評価に大きく影響するので、一般的なマナーをきちんとできるようになっておきましょう。「試験会場に入ってから家に帰るまでが試験」という意識を持つことが面接試験合格への第一歩となりますよ!

【実体験】障害者の就職活動は「専用サイト登録」でやりがいのある素敵な職場に出会える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です