日常の気になる情報まとめました。

子どもの好き嫌いってなんでだろう??あ、なるほどです。


「子どもが好きなものだけ食べて、嫌いなものは上手に避けて残している。」「好き嫌いはだめ!」と言い聞かせても「だって美味しくないんだもん。」と言ってなかなか食べてくれない。そんな悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?実は、「料理をする際のひと手間」でお子さんの好き嫌いを減らすことができるんです。そこで、今回は「お子さんの好き嫌いを減らす方法」をご紹介します。

Sponsored Links

~子どもの嫌いな食べ物とその原因を知る~

子どもの好き嫌いを減らすためには、「なぜ、その食べ物が嫌いなのか。」という原因を知ることが大切です。下記に子どもが嫌いな代表的な食べ物の一覧を一覧を挙げておきますのでご参照ください。

 

~子どもが嫌いな代表的な食べ物とその理由一覧~ 

・トマト(酸っぱいと感じる・プチッとした食感が苦手)

・にんじん(ポリポリとした歯ごたえが苦手)

・とうもろこし(プチプチした食感が苦手)

・ゴーヤ(独特な苦みと青臭さが苦手)

・なすび(ふにゃふにゃとした食感が苦手)

・セロリ(独特の青臭さが苦手)

・牛乳(牛乳臭さと独特の甘さが苦手)

・うめぼし(酸っぱさが苦手)

・しいたけ(ふにゃふにゃとした食感・見た目がなんとなく怖いから苦手)

・煮魚・焼き魚(ほろほろとした食感と骨が苦手)

 

上記のような食べ物が挙げられます。これらの食べ物はごく一部ですが、どれも栄養価が高いものばかりなので、できるだけお子さんに食べさせておきたいですよね。次の章で食べ物ごとの効果的な調理方法についてご紹介します。

 

~効果的な調理方法~

・酸味が強い食べ物

酸味を抑えるには、甘みの強い醤油にさらすことで、酸味が抑えられるので、甘酢和えなどがおすすめです。また、食べ合わせとして、野菜や鶏肉と一緒に食べる事で、酸味が調味料となり美味しく食べられますよ。

  • 食感や見た目が原因の食べ物

しいたけやにんじん、とうもろこし、なすび、トマトといった食感が原因と考えられる食べ物は、揚げ物やスープなど形状を変える事で、「こんなに美味しんだ!」と感じさせることができますよ!

  • 苦みが原因の食べ物

苦みを抑えるには、卵や牛乳といった乳製品を使うのがおすすめです。乳製品でコーティングすることで、苦みが抑えられますよ。また、酢を加えると苦みが抑えられて、甘さが引き立てることができますよ。

  • 臭いが原因の食べ物

臭いが原因の食べ物は、うめぼしやにぼしなどの消臭効果があるものと一緒に調理すると良いですよ。

 

  • スイーツに変身させる!

子どもはお菓子が大好きなので、野菜の場合は、スイーツに変身させることで、食べれるようになる可能性が高まります。

下記に野菜スイーツのレシピサイトを掲載しておきますのでぜひ作ってみて下さいね。

 

「野菜を使ったお菓子のレシピ・作り方」http://www.recipe-blog.jp/category/recipe/680

 

「クックパット」. https://cookpad.com/category/1452

 

「ボブとアンジー」https://www.bob-an.com/recipes/search/

 

 

~まとめ~-好き嫌いを減らすにはー

子どもは一度「美味しい!」と思えば、食べれるようになります。ですので、今回ご紹介した一工夫を実践して、まずは「美味しさ」を感じさせるようにしてみて下さいね!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です