日常の気になる情報まとめました。

【親離れ・子離れ】本当に必要なのか…自立とは?


「友達親子」この言葉の意味をご存知ですか?この言葉は「友達のように仲が良い親子」という意味です。親子の仲がいいのはとても良い事ですが、いきすぎてしまうと、親離れ・子離れできなくなってしまう可能性があります。そこで、今回は「親離れ・子離れ」する方法をご紹介します。

Sponsored Links

~そもそも親離れ・子離れとは?~

 

親離れ・子離れとは、「精神的に自立する」ということです。具体的には、親の場合と子供の場合で異なるので下記をご覧ください。

【親の場合】

あまり干渉せずに子どもの意志を尊重する。「こうしなさい。あれはだめ」などと指図しないことが大切です。「かわいい子には旅をさせよ。」ということわざがあるように、時には、「危ない、怖い体験」をさせる事で、自分で学び、成長できる。ということを覚えておくと良いですよ。

【子どもの場合】

まずは、「自分の事は自分で決める。」という意思を持つことが大切です。子どもの場合、親離れできない原因として「ここまで育っててもらっている。」という思いと年齢にもよりますが「お金を親からもらっている。」という経済的な理由が原因となっています。しかし、「自分の人生は自分で決める。」という気持ちを忘れずに時には親と衝突する勇気も自立のためには必要ですよ。

~離れるべき時期~

何十年も一緒に暮らしてきたんだから「離れるタイミング」が分からないという方も多いのではないでしょうか?タイミングはいくつかありますので、詳しく説明します。

  • 中学生になる時

中学生というのは、思春期になる時期です。思春期というのは子どもの自立したいという気持ちが高まる時期なので、離れる絶好のチャンスです。心配なことも多いと思いますが「子どもが成長しているんだ。」と思ってあまり口出ししないことが子離れの第一歩です。

子どもも親に振り回されるのではなく、自分の思いをしっかりと主張することが大切です。

  • 一人暮らしを始める時

一人暮らしをすることで、距離的にも経済的にも自立することが可能になります。一人暮らしをすることで「親のありがたみを実感することができる」ので、親子の絆を深めることができますよ。

~親離れ・子離れするためには~ -離れるということの大切さー

親離れ・子離れするためには、「お互いを信頼すること」が最も大切です。親子ですから必ず信じ合うことはできるはずです。

距離を置くことで親子の絆を深めることができますよ!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です